yedataが運営するオントラックの特徴|コスト削減と業務効率

このエントリーをはてなブックマークに追加
PC

IT機器を集約設置

データセンターは企業が社内に設置しているサーバーを預かり、企業の代わりに保守・管理するサービスを実施しています。データセンターに企業のサーバーを預けることによって、環境保全への貢献に加えコスト削減を実現することができるでしょう。

IT

より良いシステムを選ぶ

企業において新しいシステムを導入する時には、コストと手間が重要視されます。販売管理システムを導入する時には、低コスト且つ簡単に導入することのできるクラウド型の製品の導入をお勧めします。

高い技術力を持つ業者

女の人

日本国内に存在する数多くの企業の中で、業務で使用しているパソコンや外付けハードディスクが故障してしまったという企業が存在するのであれば、yedataが運営するオントラックの利用をお勧めします。yedataというのは、米国で20年活動している経験豊富なデータ復旧業者で、日本国内で展開していたオントラックと独占的に技術導入契約を締結しているのです。つまり、オントラックはyedataが米国で培った高いデータ復旧技術を引き継いでいる、信頼性の高いデータ復旧業者なのです。yedataが米国で20年間積み上げてきた実績は20万に上り、その日本版であるオントラックも現在までに約26000社以上との取引実績をあげています。オントラックの取引実績は、この先も伸び続けるでしょう。

yedataが運営するオントラックにパソコンや外付けハードディスクの復旧依頼を出してから復旧完了するまでの流れに関して、データ復旧を依頼する時にはまず電話かメールによる問い合わせが必要です。問い合わせることができたら、調査依頼を行なった上で復旧の必要な媒体を郵送で送付しましょう。郵送する時には、しっかりと梱包し割れ物扱いで送付してもらう必要があります。そうしなければ、郵送時に加わる衝撃によって故障が悪化してしまう危険性があるのです。媒体がオントラックに到着すると、故障原因や故障度合の調査が開始されます。調査結果報告はメール等で通知され、その時には調査結果によって判明した故障原因や故障度合によって決定した見積費用も提示されるでしょう。提示された見積に納得することができたら、契約を結んで復旧作業が開始されます。復旧作業は1日から3日、長くて5日で完了します。また、復旧したデータをインターネットを経由して返却するサービスも行なっており、そのサービスを利用することで復旧完了までの期間を短くすることが可能です。急ぎでデータを復旧したいのであれば、利用しましょう。

パソコン

安全性の高い転送経路

ファイル転送業務にて機密性の高いファイルの転送を行なう際には、ファイル転送サービスの利用が最適です。ファイル転送サービスでは、全転送経路が暗号化されているため、安全に機密性の高いファイルを転送することができます。